2012年6月 1日 (金)

筑波練習。。。

行ってきました!

今回のお品書き。

ブレーキパッドを交換。(今までのものが強烈過ぎたため、効きが穏やかなものに変更)

ピボットシャフト材質変更。

フロントフォークスプリングレート変更(0.73→0.76)

掃気ポート吹き出し角度修正。(タイミング変更なし)

ピストン慣らし。

フライホイールを軽量化したものに変更。

・・・。

前回の走行から、クランクシャフトの修正でエンジンは組みなおしました。

組みあがって走行できる状態になったのが、走行前日の午前中・・・。

お昼から仕事だったので、時間的に厳しく、現地での火入れになってしまいました。

エンジンをかけてレーシング(暖気の事です)

前回とは気象条件が違いますので、ベストセットから修正係数を足してまわしてみたところ、明らかに高い回転数での針の動き、回転上昇がスムーズでした。

やはり、クランクシャフトの精度は重要ですね。。。

今回は慣らしですので、筒のみワンランク上げ(ここでメインジェットが2ランク上がります)

で、もう一度レーシング。

いい具合にもさっとしてたので、暖気~走行開始。。。

う~ん。慣らしなんで、もさっと走行。走行終了時間を確認しながら、プラグチョップ。

いい具合にダレダレです~。

特に何も求めていないため、思ったことはセットチャートに何もメモしません。

ジェットは想定内の推移だったので、2本目の走行で、この状態で慣らしの延長と、水温のチェックをしました。

ブレーキパッドの当りもそこそこ出始めて、280mmのブレンボ鋳鉄に似た、狙っていたフィーリングに近づいてきました。

2本目では、6秒前半を出せればいいかと思って、次に試そうとしていたフロントフォークの動きに意識を集中させて走行しました。

やっぱり、クリッピングの奥で思いっきり入り込んでしまいます。。。

ですが、ブレーキパッドの引きずった時の感触が良いので、バイク全体の動きに集中しました。

開け切った(立ち上がり途中)時にリアが滑り始めました。

今まで普通に感じていたこの滑り感。これって。。。

そんなことを考えていたら、走行時間終了~。

とりあえず5秒前半が出ていました。

納得の数字!でした。

次の走行枠が最後ですので、、フロントフォークの交換をしました。

レート違いのスプリングを試すためです。

トルクチェック、組み付け確認。

スプリングの違いのみを試したいので、スプリング以外は全て同じトルク・工程で組み付けます。

三本目。結局ジェットの番手はメインジェットベストの2ランク上げになってしまったのですが、時間が無いので走行開始。

レート変更は狙い通り。

全体的にしっとり、腰のあるフロントになりました。

イニシャル変更とは違う、バネっぽい部分が無く、乗りやすくなりました。

そして、またブレーキリリースを考え直すきっかけになってくれました。

今までの感覚は、フロントブレーキを引きずる=キャスター角増大=旋回性増大。

っていう方程式だったのですが、それは違ってたのかも。

曲がらない=ブレーキ握る=キャスター立つ=旋回する。

は、

曲がらない=ブレーキ握る=キャスター立つ=車速も下がる=旋回しているように思う

だったのかもしれません。

オフ車の練習で、ブレーキを握りながらアクセルを開けると、グリップする。

これの感覚を覚えたのがちょうど2010年のはじめ。

そこからブレーキをかけ始めていたのです。

でも、レートを上げたことでフロントタイヤからの情報が掴みやすくて、安心感が増していました。

言葉では表現しづらいのですが・・・。

そんなことを考えながら走行していたら、4秒半ばで走行していました。

そかし!!!!!!!!!!!

裏ストレートでV500横○号&NSR250R横○号に軽く抜かれる&車速差が違いすぎる。

走行後に、コメントをもらいに駆けずり回って出た結果は、

「直線遅すぎ」

でした。

自分の中ではファイナル、シフトポイントもおかしくなく、70馬力は絶対に出ていると確信していたのですが、「絶対無い」とのお言葉をいただきました。

CDIが壊れたときも、普通に気づかなかった自分を思い返して、ベンチテストをすることにしました。

日中に決断したかったのですが、中々場所が決まらず。。。

結局、TC250(筑波選手権)クラスのトップ集団が使っていた、ナップスに向かうことにしました。

車中泊2日め。一人コンビニの駐車場で就寝。。

いざベンチをかけたところ、

71馬力・トルク5キロでした。

ベストセットでプラスアルファを考えるとおかしくない数字。

とりあえずCDIの健康状態がわかったので、良しとしました。

2連休だった今回のオヤスミ。

結構忙しく、充実した2日間でした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年5月23日 (水)

むーん!

週の頭に車の窓を拭いたんですが、その時に、気付いてしまったです。
タイヤの溝がない!
しかも内側のみカタヘリ状態~( ̄▽ ̄;)
外側はまだまだスリップサイン手前なんですが………。
何かと思って観察していたら、タイヤハウスに微妙に擦った跡が。
しかもリアタイヤが特に酷い。
これはトランポしてるときだけ擦ってる雰囲気です。

のせ始めた頃は心配でよくみてたんですが、へたってきたのかな。

何事もないうちに気づけて良かった!

しかし!

お金が。

カッコつけて幅の広い低扁平なタイヤとホイール着けたのが間違いだったか。
ノーマルにはスタッドレスを履かしているし、タイヤ変えても意味ないし、

純正ホイールを買うことにしました。(涙)


ここに来て、ホイホイお金が(T-T)

ヤバイ雰囲気になってきましたよ。

まぁ慣れっこなんで大丈夫!?なのか。。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月20日 (日)

気づいたら!

もう、兄の下の子(5歳)の女の子が、自分の言いたいことを言える様になっていました!

ちょっとショック。

顔つきも女の子らしくなってきちゃって、かわいい限りです。

で、ちょっと話していたら、

「おじちゃん、彼女は~~?」だって。

ん~?なにそれ~って返したら、そっぽ向かれました。爆

今日は夜勤明けからの仮眠、エンジン組み立てしようかと思いましたが、雨もふらなそうだし、スイングアーム、ピボット関係の整備で終わりました。

なんだか眠くてテンション上がらず、整備に徹していました。

ピボットには、シャフト径の変換アダプター兼スラストベアリングの受けになっているカラーを作って使用しています。

近所の鉄工所のおじさん(植田鉄工所様)にお願いして、今まで使っていた材質では、1年持たないことを伝えて、昨年、材質を変更して作っていただいたものを使用しています。

レーザーカット+旋盤加工で超高精度で作ってくれてありました。

段付きの磨耗、表面の表情も製作時のまま!

スラスト部は純正部品では部品が出ないために、工業用品の規格品で汎用のものがあったので、それを使っています。

スイングアームからリアサスを取り外し、現在の動作確認とピボットのトルクを8キロから徐々に上げていって、12キロ(TZの規定トルク)までスイングアームの動きに変化が無いことを確認しました。

同じ鉄でもいろんな鉄があります。45C・SCM45など~。

あまり詳しい訳ではありませんが、炭素鋼と呼ばれるクロモリ材。

今回はそれでカラーを作っていただきました。

熱処理は次の段階ということで、生のクロモリで試していますが、経過は良好です。

次にテストする部品の比較データーを取ることができました。

純正部品でピボットシャフト、出ないじゃないですか。

で、使っているものを計測してみたら、0.3~0.5mm歪んでいるじゃないですか。

鉄フレームだし、そんなとこ常によじれながら仕事しているのは重々承知なのですが、オークション等で3本位買ってみたら、みんな曲がってるじゃないですか。

これは・・・。

とおもって、作っていただける業者さんをさがしていたら、

にえさんのところで製品化されていました!

ということで、今回はそれをテストしてみます!

純正とほぼ同じ、無垢の削りだし。

中空タイプも試してみたいものです♪

でも、人間で言うと、整体にいって背骨をまっすぐに出来たような感覚で、胸がス~っとしています。

今回は前回と同じ8.5キロでの締め付けで組み付けました。

フィーリングによって、調整できればと思います。

350R。

250とは違って、ストリートとは違って、レーサーであって、でもノーマルフレームであること。

隠すことじゃありません。

RZの隠れ家って名前も、別にみんなに隠れてひっそりやりたいわけでもありません。

ポートタイミングだって、クランクの加工だって、オープンに行きたいと思っています。

この先、部品供給が絶たれたりする可能性だって十分にあります。

そういう基盤を作って、しっかり分析してければなーって。

ブログもホームページも、自己中心的な部分もありますが。。。

そんな夜勤明けの一日でした。

若すぎる甥っ子にリズムを崩され、久々に酔いつぶれました。

30日の練習は楽しみなのは当たり前。

ベンチテストではもうチョット楽しいことが起こってしまう予感が!!!

また、更新していきます♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月19日 (土)

テイスト準備~

テイストオブ筑波準備中・・・久々です!

先日の筑波選手権で、クランクに問題を抱えてしまった350R。

Dsc_0076

実は、新品状態を芯出し、位相ずれ修正からの使用、500kmでフライホイール側の大端ピン(ウェブ)が1mm抜けてしまいました。

前日走行までは0.45mmをキープしていたのですが、このレースウイークで抜けてしまいました。

さて、対策なのですが・・・。

Dsc_0129

今回は次の練習(30日)までに時間が無いため、抜けてしまった左側のみ、溶接による補強としました。

これまでは、有無を言わさず補強していましたが、今回の検証でやはりレースで使うとなると、厳しいというのが分かりました。

回転数的にはピークで11000回転ぐらいで使っています。

純正のフライホイールを使っていたのですが、スタティックバランスのみ取っていました。

う~む。

ちょっと段階を踏んで検証していくことにします。

今回はSAMさんに芯出し・溶接していただきました~。

で、先ほどフタをしました!

Dsc_0133

シール材が安定するまで放置ってことで明日から続けて組み立てていきますよ。

で、実は昨年の終わりに・・・・。

報告がおそくなりましたが・・・・・・・・・・。

Dsc_0112

むむむ!!!!!!!!!!!!!

Dsc_0110

頑張って買っちゃいました・・・。

金額は・・・書かないほうがいいと思います。爆

昨年はレースに出られる状況ではなかったこと、シリンダーが駄目になってしまったこと。

いろんな理由がありますが、ついに!って感じですね。

で、今年使っているシリンダーは南部さん・SAMさんにノウハウを教わりながら、自分で削ったシリンダーで走らせています。

Dsc_0122

凄い神経つかいますし、もう何時間削ったか・・・50時間以上は軽くカリカリやりました。汗

素人なので、あまりキレイに削れていないですし、凄い時間がかかります。

とりあえず走りますし、タイム的にも4秒台には入っているので、順調だとは思います。

今回もクランク修正中に色々と気になる部分をサクサクっと削りました~。

特に面取りが難しいですね。

30日の練習から10日間ありますので、ベンチ行きたいです。

仕事次第なんですが、どうなっているか楽しみです♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月 8日 (火)

注文の嵐。

ガサッと買っちゃいました!

久々に買うと手が震えます。

ブレーキングとサスセットが課題なので、選択肢増やしていきましょう!

サスはすでに新しい仕様のやつがあるので、油面と合わして試しますよ!

エンジンは只今オーバーホール中。

ブレーキは300mmローターのセットアップですね。

あとは運転手がしっかりブレずに走らすだけ!

この前の選手権で掴んだ形のないかけがえのないものに、しっかりプラスしていけたら、掴めるはずです!あれが。

(*^^*)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

何がたりないかって。

皆さん、GWは楽しめたでしょうか・・・。

僕は結構やられてました~。笑

連日仕事仕事の毎日でした。

でも、2連休や3連休はありましたが、なんだが怪しい削りごとをして遊んでました。

仕事、どうなんでしょう。

団塊世代がいなくなり~なんて過去のニュースになってしまっていますが、顕著に「今」とてもその問題が出てるような気がしてなりません。

団塊世代が多い=中間層が弱い=中途社員が多いんデスね。

僕はちょうど団塊がいなくなるという危機の中入社しましたので、色々と教わってくることが出来ました。

でも、なんだか凄い温度差があって・・・。

ちょいとおかしな感じ。

不満は無いんですけど、教育もされていない作業を任されることが多くなり、少々戸惑っています。

見ている人は、熟年層+中途の年上社員。

???

って感じなんですよ。

にしても、やんなきゃ前には進まないし、なんだかここ1ヶ月頭がぐしゃぐしゃです。

難しいですね~。

というか、テイストですね~。

意味の不明な呟きでした。

去年は潰れていた自分に勝たなくては!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月22日 (日)

完走!

筑波選手権、無事完走することができました!

応援していただいた方々、ありがとうございました!

レース内容は(*_*)

スタートはまぁまぁ。ですが、1コーナーの入り口で揉みくだかれ後退。
その後もペースアップも出来ずに、集団にも取り残されてしまいました。

今回のレースまでに課題だったエンジン、キャブセットはほぼほぼ期待通りのレベルまで詰めることはできました。

ですが、足回りは結局元に戻り(-_-;)

でも、この1カ月の慣らしから練習、レースと、今までの自分のバイクの乗り方、って凄い基本的な部分を見直すことができました。
最終的に思ったのは、

ハンドルにいかに力をかけずにいかにバイクを自然に旋回させるか。

これに尽きると感じました。

今までの僕は勢いだけで乗っていた事すら分からないぐらい、走らせている運転手の操作が把握できていませんでした。

だから、操作が一定に定まらなくて、チグハグしてしまう。

そんなんじゃなんにも進まない。

それに気づいたことが、今回の最大の収穫。

そんな意識と、開ける所は開ける意識だけで4秒に入ったことはプラスで考えるべきだと考えてます。

細かな問題を出したらきりがないので。

今回は、エンジンがよく耐えてくれました。
感謝です。

明日からオーバーホール準備に入ります。

サポートしていだいた、クロスけさん、SAMレーシング大西さん、吉田ねぇさんさん、白崎さんご一行さま、ワコーズの目黒さん、そして、南部さん。

ありがとうございました!

また、宜しくお願いいたします!

で、RZ-Rちゃん、お疲れ様!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月20日 (金)

とりあえず!

5秒台まで回復!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月19日 (木)

筑波選手権第2戦

350Rレーサー。

積み込みが完了いたしました!

いってきます!

20日 練習走行

21日 予選・決勝

22日 千葉県でパワーチェックの予定です。

今回は、大阪のSAM師匠も近くにいてくれるので、

得られるものは得られるように頑張ります。

まず、転ばない。壊さない。

これが目標です。

ピットクルーはクロスケさん。

宜しくお願いいたします!!!

楽しんできます!!!

随時更新予定・・・。でっす!

第二東名を感じてきます。。。わくわく。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月27日 (火)

課題…。

来週は筑波で練習。
エンジン関係のメンテも終わり、ポートの修正も大分落ち着いてきました。
とにかくピストンは延命処置というか、毎回やってるオイルボス加工を今回も場所を変えて実施中です。

で!足回り。

車体のディメンジョンを調べてみると!

キャスターが立ちすぎている…。


ちょっとシュミレーションできる環境を考えてみよう!
CADに落とし込んでストローク毎の車体姿勢を確認しようかと思います!

動いているものだから、紙に書いても難しいかもしれないけど、やってみようかと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«居残り整備〜